肌の老化防止にはアンチエイジング化粧品が効果的です

有効的な成分を知ろう

肌のハリを保ったり、乾燥肌を解消したり、しわやしみを解消したりといった効果を持つアンチエイジング化粧品は、様々な肌タイプに合わせて使うことで、より効果が高まります。
では、そのアンチエイジング化粧品に含まれる有効成分とは、どのようなものがあるのでしょうか。
まず、代表的な成分に「コラーゲン」が挙げられます。美肌に効果的な成分としてよく耳にするコラーゲンですが、このコラーゲンは美肌だけでなく、健康な骨や髪、爪などを作り出す重要な成分です。また、全身の柔軟性や伸縮性の要となっているのが、このコラーゲンです。
コラーゲンが含まれているアンチエイジング化粧品は、肌のしなやかさやハリ、弾力性を保つという効果があります。
コラーゲンは、豚足や鶏の手羽先などに多く含まれ、これらを使った料理は美肌レシピとして人気を集めています。

次に、美肌に有効な成分といえば「エラスチン」が挙げられます。
このエラスチンは、真皮層のコラーゲン同士がバラバラにならないように、しっかりと繋げ留める役割を持っています。この働きがあることで、たるみ知らずの肌が保たれます。
また、美肌成分といえばヒアルロン酸も有名です。
ヒアルロン酸は、体内の水分保持の役割を担っている成分です。このヒアルロン酸の特徴は、なんといってもその保水力です。ヒアルロン酸はドロッとしたゼリー状になっていますが、小さじ1杯のその量には6リットル以上の水分を含むと言われています。
また、ヒアルロン酸は肌の真皮層にあるコラーゲン繊維に水分を与えて潤し、髪や肌が乾燥するのを防ぐ働きももっています。